読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさくてウザい話

※ネットにもの申す系ウザい話です。聞き流せ。

 

Twitterを離れて言葉を選びながら長文を書くのは良い。

 

あそこでは定期的にリテラシーに欠ける、日本語が通じない、政治や宗教云々の持論をしつこく押し付ける…まー色々とめんどくさいユーザが現れる。

そもそもの原因はインターネットに触れる際に匿名掲示板の洗礼やテキストサイトやブログなどで相手と「距離のある交流」の経験がないまま、有名人や初めましての人間にいきなり自分の意見が発信出来るTwitterから始めてしまったせいなんじゃないかとさえ思う。ほんとに、相手との距離が近すぎて怖いのだ。

 

めんどくさいユーザは頑張れば避けれるが、そもそもここでのコミュニケーションは秒分単位でのレスポンスが当たり前になっているので、それが割と疲れる。

かといってFacebookでもやろうものなら地獄。

恩師家族上司にオタクライフを報告するなんてとんでもない。

 

あとバイラルメディアとか、なんかそういう、Twitterとかで何かがバズれば「埋め込みだから」という理由でバズったツイート主への利益はゼロ、最悪使用報告すらすることなく無断使用し金儲けをするいわゆる「まとめサイト」みたいなのも生まれてしまった。私は著作権云々の事よりも、そんな考えがまかり通るのか…と。人間としての何かが欠如している様な、そんな気さえしている。

 

懐古していたいわけじゃないけど、それを踏まえると尊敬する人のサイトまでいって、キリバンとれるかな〜なんて呑気な事を良い、更新を毎日ハラハラして待ち、たまにBBSに気合いを入れて言葉を選びまくって応援コメントをすることが主流だったあの時代は良かったな、とは思う。

 

ブログも、サービスによれど独特な距離感がある。こうやって長文で自分の考えを書けて、議論はコメント欄という別枠でできるし、コメント欄やそのサービスのメッセージを通じて趣味嗜好の似たブログ友達ができる。合わない人間はそもそもお互いサーチすることがないので出会う確率が低い。たまたま記事を目にした所で悪意が無ければブラウザを閉じれば良いのだ。それでも喧嘩になった時はコメント欄を閉じたり承認制にしたりが可能な以上、リスクは少ない方だろう。

 

「ブラウザ閉じろ」だけで言えばTwitterだって自衛次第でどうにもなるんだけど、あそこはフォローを増やせば増やす程リツイートとか通じてリアルタイムでたくさんノイズが入ってくるし、コメントが容易く打てるのでけんか腰になりがちなんじゃないかな。

 

PixivやTwitterは便利すぎた。いや、htmlを編集する事は勿論苦しいものなので、非常にありがたいし需要にピッタリなんだけど、だからこそ割く労力っていうものがないと、なんか発言も作品も軽く扱われる気がしてしまう。バイラルメディアに悪用されるのしかり。(あれこそ「軽い扱い」だ…)

 

 

私も今でこそひっそりTwitterにいるけれど、こうして衝動的にブログをいくつか開設しては(当ブログは、webサイトをつくったオマケなんだけども)更新している。

 

新しいサービス、新しいエディタ、新しい環境があれば3日は飽きずに済むし、そうでなくともたまに、無性に、思いついた事に対して考えてから文章にしてみたいと思ったりする。

 

140字で面白い事を書くのは私にはできない。140字以上だろうと難しいけど、ただでさえ表情の読み取れない画面上の文字で、自分の気持ちを正しく伝えないと面倒だ。

 

関係ないけどTwitterで気をつけた方が良いアイコンは「卵」「ひのまる」「猫」「植物」です。なぜなら卵は捨て垢として攻撃しまくってたり、こっきは確実に政治云々とか左右あいこく云々とか、かん・ちゅうきらーいみたいな人が多い印象だからです。猫か植物の画像にひのまるついてたら最悪です。完全に意思疎通できないタイプのヤバい人です。これに関しては少なく見積もっても90%そうです。10%の人ごめん。

 

なんの前触れも無くちょっとだけ「総理ダメだな〜」とか呟こうものなら瞬時にサーチから飛びついて来て何かしら言ってくるタイプが多いよねほんと。

 

でね、その手の人達にとってやっぱりTwitterって向いてないと思うんすよ。

思想とかそういうのは自由だし、私はこの手の人をめんどくさいとは思うけど「発言する事」までは否定しようとは思いません。そもそもやめさせる権利もないし。

 

ただ、めんどくさい理由は「どっかから来た見知らぬ人から、デリケートそうな政治や宗教の話題について自分の考えも、そもそも興味すらないのにいきなり突っかかってくる所」なんですね。そのおかげで言葉のドッジボールになりがちなんすよ。論点ズレたり。そもそもそういったリプライはすぐに脳内で「クソリプ認定」されるので印象悪い。どう反応すりゃ良いか本当に困るんですよ。

 

だからしつこくサーチに時間費やして、元から噛み合わない相手に一方的に自分の言葉を押し付けたりなんかしないで

ブログで思いのまま自分の考えをまとめて書いたり、そういったコミュニティを見つけるほうがもっと平和に同調してくれる人が集まるんじゃないのって思ったりするわけ。Twitterにはグループの概念ないけど、ブログサービスにはわりとあるんで。

 

…ひらがなで対策したとこでこれサーチかかったりすんのかな。こえーな。

これは押しつけでも何でもなく独り言なんで!!!!!!!

思いついた事書いただけだからいかなる意見も受け付けぬ!!!!!!

同意も否定もいらぬ!!!!!

あとご指摘マンは場違いなので帰って!!!!!!!

 

じゃ、満足行くまで書き散らしたのでインターネットもの申すマンやめてタイムラインに帰ります。