読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽の話

音楽にハマったのはいつなのか?と聞かれると謎だ。

どれを音楽とし、どのラインをハマったとするかが微妙すぎるからだ。

っていうのを思いついたから、唐突に3パターンにわけてみる。

色々世代を探られるのが面倒なので言っておくと私は現在21だ。

 ※今回楽曲紹介のためにYoutubeの動画を引用しています。なるべく公式のものにしていますが、一部(というか、アニソン…)に第三者がアップロードしたものを載せています。当該動画が削除されてもリンクの貼り直しはしませんし、権利者からの連絡があれば即刻撤回します。また、それに伴い楽曲が収録された商品への誘導を促すべきだと思いましたのでamazonの商品情報を貼付けます。アフィではないです。ご了承下さい。

■曲にハマったパターン

例えば幼稚園小学生のころはJ-POP最盛期。親が運転する車でずっと聞かされていたのは宇多田ヒカル椎名林檎くるりとSOUL'd OUTとユニコーン平井堅だった。(すごい並びですね)

私はそれを好んで口ずさんでいた。ミュージシャンに対する知識はゼロだけど、歌詞が好きだったりメロディーが好きだったり、気に入ればひたすらヘビロテしていた。

あるいは、当時観ていたアニメの主題歌とか。これもまた曲にハマるパターン。

バンド名とかは認知しているけど、この1曲しか知らない〜でも好き〜みたいなのもこれか。

 

↑事変は単純にキャッチーでかっこいい。

本能も歌詞の意味が分からないながらTVで流れまくってて覚えた。

 

宇多田ヒカルの中でもやっぱり最初のギターがカッコいいって思ってたのかな。多分このときギターって概念も知らなかっただろうに…(リリース当時99年なので絶賛園児)

 

↑「ワッ(ワッ…ワッ…ワッ…)シュドゥッビッドゥッバーフェーミートゥナーーーイ」って入りが子供の心をくすぐるには完璧。ソールドアウトは解散が惜しい位良い。今でこそジョジョで使われたとか、音楽性とかで評価出来るけど、当時はそんなん知らん。シンノスケとか名前がいろんな曲に出てるのが最高だった。シンノスケってもう、メンバーとか知らない以上は子供に馴染みありすぎる名前じゃん。しかも歌い方のマネするとめっちゃ面白くて。子供に聞かせるべき。

■歌手/バンドそのものにハマったパターン

「バンドの歴史」「バンドメンバーの個性」みたいな視点でずぶずぶ浸かったのは無論中学生の頃に死ぬ程聞いたBUMPが始まりだろう。複数人編成で自ら曲を作り自ら演奏し歌う、いわゆるバンドというくくりは、自分でもやっているほど現在のメインである。

この場合、もちろん曲の事も評価してるし好きだが、例えば新譜がぶっちゃけ好みの路線じゃなくてもそういう路線に至った経緯を受け入れたり、「曲にハマる」よりも前に「本人にどっぷり」なのでちょっと離れるのかもしれない。

 

↑BUMP埋め込めねえええええええからRAD。死生観歌われると中学生はたまらない。洋二郎氏の色んな話だったり考えみたいなものをインタビューとかから必死に拾った。

↑やっぱり、アベさんについては思う所あるんすよね。

↑志村も…。亡くなるっていうのはデカいことだ…。

 

■融合パターン

ああ、なんて罪深い。罪深すぎるぞテニプリ

小学の頃からまあ色々と沼なんですけれども…一時期は音楽番組のチャートに跡部様やら不二くんを見かけました。

声優が歌うキャラクターソング。歌ってるだけならただのキャラクターソングだがテニプリはまずその数が膨大すぎる。

その大勢のキャラクターを駆使してそれぞれのシングル・アルバムだけでなく様々なユニットが生まれてはTVシリーズが終了し、OVAも出ていない現在も定期的に新譜を出し、おまけに声優自身が演じたそのキャラクターを投影して作詞作曲に関わるのだ。

もはや作者まで作詞作曲してライブしてるレベル。

声優とキャラの側面からも楽しめ、個性的なキャラに合わせた曲のキャッチーさも楽しめる。キャラを演じ、向き合った声優自身が書く歌詞も中々感慨深い。

これは間違いなく「曲自体にも歌手そのものにもハマっている」パターンだ。

 ↑一曲だけ。大石君の「恋風」、甘酸っぱくてすごいよくできた歌詞だけど書いたの男性声優…。「噓だろ」と思いました。この曲のファンは実際に多く、この曲を題材に二次創作するファンもいたり。 

月の軌道

月の軌道

 

 大石くんの見た目は面白たまごですが、この「恋風」が入ってるアルバムは控えめに言って最高なのでぜひ「大石秀一郎」の音楽として楽しんでいただきたい。それくらい声優が有能なんだ…ちなみに声優は世界のTKこと近藤孝行氏。遊戯王の本田とかあの花のぽっぽとかの人です。

歌唱力の高さもあるけれど、なにより本当に大石として歌っているなって感じです。今回商品紹介を挙げたのは先述の通り第三者の動画を引っ張っているからなのですが、そういうのナシにマジのおすすめです。レンタルでもいいから聞いてくれ〜〜〜

 

〜まとめ〜

 

>私の話じゃん<

基準は人それぞれだからね。

…今回の3パターンとも「ハマる」ってラインなら音楽にハマったのは幼稚園の時。

当時カセットテープで死ぬ程聞いてたのはアニメ「封神演技」OPの「WILL」です。

 



WILL

WILL

 

 EDも含めてめちゃくそいい。アニメ本編?知らんな!!!!!!!!!!! 

 

======= 

こんなん好きだったやで〜〜〜〜〜って挙げた所有名なのしかなくて苦笑いしている。

最近の挙げよう。最近…うーーーん

 

↑解散したandymoriの初期メンバー+長澤知之氏によるバンドAL。実質andy復活やんやっぱやりたかったんやな壮平!?!??とはいうもの、やっぱり長澤さんの歌声の良さとの親和性もバッチシで。

 

セカオワやらゲスやらぱみゅぱみゅやら絶賛を受け、メジャーデビューのデカイ一発を打ち上げた衝撃作である。最近売れてる日本のバンドのMVあるあるネタを愛を持って全力パロディしている。馬鹿にしてるんじゃなくて淡々とあるあるを歌ってるだけ。っていうか、あるある手法すべて再現するための手間がすごいよ。愛しか無い。勿論曲も見くびってはならん。油断したら頭の中で流れる。

 

岡崎体育氏のMVはあんま興味なくても一度観てほしい。

いろんなバンドが好きな人には死ぬ程笑えるし、

そういうの興味なくてもめっちゃ面白いから。

そこの再生ボタン押すだけだから!ねえ!

 

以上です